木綿豆腐の賞味期限・消費期限|未開封の場合

木綿豆腐の賞味期限・消費期限|未開封の場合

未開封の木綿豆腐の賞味期限・消費期限についてのお話です。賞味期限・消費期限が過ぎた木綿豆腐は何日まで食べられるの?1週間過ぎても大丈夫?などの疑問にお答えします。

 

 

賞味期限について

まず賞味期限というのはあくまで「その期間内に食べたほうがより美味しく食べられるよ!」ということを推奨してくれているだけです。なので賞味期限切れ=食べられなくなるというわけではありません。賞味期限が過ぎたとしても2~3日なら大丈夫だと思います。

 

消費期限が過ぎていなかったら賞味期限が例え2日過ぎていようが、3日過ぎていようが、1週間だろうが10日だろうが安全に食べることができます。

 

賞味期限が過ぎた未開封の木綿豆腐

ただ木綿豆腐のような生ものにおいて注意すべきなのは賞味期限というより消費期限だと思います。消費期限というのは特定の期間をすぎたら安全性に問題が生じる可能性があることを製造元が明記したものです。

 

例えば私が大好きな「くぼさんのとうふ」の場合は消費期限が製造日から4日と記載されています。

 

なので賞味期限と違って消費期限は過ぎたら食べないほうがいいし、安全性の面でも保証されなくなります。これでお腹を下しても完全に自己責任となってしまうのです・・・。【関連記事:豆腐は腐る?見分け方とは

 

賞味期限も消費期限も未開封に限ったこと

ただパッケージに表示してある消費期限や賞味期限というのはあくまで未開封であることが前提です。開封してしまった瞬間その表示は意味をなさなくなることに注意してください。食べ物(とくに生もの)は空気に触れることでかなりの速度で劣化していきますので、開封後はできるだけ早く食べることが望ましいのです。

<スポンサーリンク>
page top