木綿豆腐のカルシウム含有量|吸収率を高めよう

木綿豆腐のカルシウム含有量|吸収率を高めよう

木綿豆腐のカルシウム含有量や豆腐に含まれているカルシウムの吸収率を高めるための食べ方について紹介させて頂いています。

 

木綿豆腐のカルシウム含有量

木綿豆腐に含まれているカルシウムの量は100gあたり120mgほどです。絹ごし豆腐が同じ分量で43mg程度だと考えると3倍近い含有量ということになりますね。

 

またカルシウムの代名詞ともいえる牛乳が普通牛乳の場合100gあたり110mgのカルシウム含有量ですので、豆腐に匹敵もしくは上回るくらいカルシウムが豊富ということになります。

 

木綿豆腐というのは製造工程が絹ごし豆腐とは異なりますので、より栄養が圧縮しているのです。【詳細記事:木綿豆腐が栄養分豊富な理由

 

消化吸収率について

豆腐の消化吸収率は92~98%程度だそうです。つまりかなり吸収がいいということなので摂取したカルシウムが体内に取り込まれやすいということですね。

 

吸収率向上!豆腐わかめ味噌汁のすすめ

また豆腐でカルシウムを摂取したいのなら豆腐わかめ味噌汁にすることをおすすめします。わかめというのはカルシウムの吸収を助けるマグネシウムを多く含み、さらに豆腐には少ない食物繊維の摂取もできるのでバランスがとれるからです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

木綿豆腐の賞味期限・消費期限|未開封の場合
未開封の木綿豆腐の賞味期限・消費期限についてのお話です。賞味期限・消費期限が過ぎた木綿豆腐は何日まで食べられるの?1週間過ぎても大丈夫?などの疑問にお答えします。
木綿豆腐の栄養分|絹ごしとの比較
木綿豆腐は非常に栄養分が豊富な食べ物です。健康食品として絹ごし豆腐より木綿豆腐が推奨される理由と合わせて木綿豆腐の栄養の魅力についてお話しています。
味噌汁には木綿豆腐?それとも絹ごし豆腐?
味噌汁を作る場合は栄養という観点でみれば木綿豆腐を使用することをおすすめします。今回はその理由についてのお話と、ごま油を使ったちょっと一風変わった豆腐の味噌汁の作り方の紹介です。
木綿豆腐と絹ごし豆腐のカロリー比較
木綿豆腐と絹ごし豆腐のカロリーの比較です。豆腐でダイエットを考えていたり、健康を配慮してカロリー計算がしたい方は参考になさってください。
木綿豆腐と絹ごし豆腐の違い
本カテゴリは木綿豆腐についてその栄養や効能、美味しさを活かす料理の仕方などなど木綿豆腐に関する情報をまとめています。まずは木綿豆腐とは何なのか?ということについて改めて解説させて頂きたいと思います。
簡単!木綿豆腐の水切り方法|加熱時間は?
木綿豆腐の簡単水切り方法を紹介しています。電子レンジを使う方法、その場合の加熱時間は?重みで水切りする方法、茹でて水切りする方法などなど・・・。
木綿豆腐の冷凍方法
木綿豆腐の冷凍方法についてのお話です。木綿豆腐を冷凍保存したのちの料理への活用方法なども必見です。
木綿豆腐一丁のグラム
木綿豆腐一丁のグラムは何グラムですか?という疑問に対する回答です。
当サイトについて

木綿豆腐のカルシウム含有量|吸収率を高めよう


当サイトでは「豆腐」についての情報をまとめています。様々な豆腐の健康効果や作り方、美味しい食べ方などなど、豆腐に関することならかなり充実しています。

<スポンサーリンク>

当サイトについて

サイト内カテゴリ


 
トップページ