木綿豆腐と絹ごし豆腐の違い

木綿豆腐と絹ごし豆腐の違い

本カテゴリは木綿豆腐についてその栄養や効能、美味しさを活かす料理の仕方などなど木綿豆腐に関する情報をまとめています。まずは木綿豆腐とは何なのか?ということについて改めて解説させて頂きたいと思います。

 

 

木綿豆腐と絹ごし豆腐の違い

木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いがいまいちはっきりしていない人も多いと思います。結論からいってしまえば木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いは製造工程にあります。

 

木綿豆腐

木綿豆腐というのは木綿の布を敷いた容器に豆乳と凝固剤(にがり)を混ぜあわせて一度固めて崩したものを入れて、それに重しをのせて適度に水分を抜いて作ったものです。

 

絹ごし豆腐

それに対して絹ごし豆腐というのは豆乳と凝固剤を混ぜたものを容器に入れて固めるだけです。重しも布も使いませんので、柔らかく滑らかな食感に仕上がります。

 

木綿豆腐というのは木綿を使うから木綿豆腐、絹ごし豆腐というのは絹のようになめらかになるから絹ごし豆腐なのです。

 

栄養面の違い

木綿豆腐は絹ごし豆腐よりも栄養価が高いです。これは上述した製造方法の違いが原因で、木綿豆腐のほうは重しで圧縮して水分を抜く分、栄養が凝縮して含まれているのです。その分絹木綿豆腐は味も濃いですね。

<スポンサーリンク>
page top