豆腐の消費期限切れの危険性|加熱しても駄目!

豆腐の消費期限切れの危険性|加熱しても駄目!

消費期限が切れた豆腐を食べることは体調を害するリスクが伴います。消費期限が切れれば加熱すればいいという問題でもなくなります・・・。

 

 

消費期限とは

消費期限といいうのは特定の期間をすぎたら安全性に問題が生じる可能性があることを製造元が明記したものです。賞味期限はあくまで「美味しく食べられる期間」なのでその期間を過ぎたからといってすぐに食べられなくなるわけではありません。そこが消費期限との大きな違いですね。【関連記事:豆腐の賞味期限|何日まで大丈夫?

 

豆腐の消費期限は?

カップ麺やらお菓子やら保存がきく乾物食品に表記されているのは大抵賞味期限のみです。一方でお肉やら豆腐といった生ものの場合は消費期限も記されています。生ものは腐りやすいですからね。

 

消費期限が切れた豆腐を食べるのは危険

当然賞味期限ではなく、消費期限が過ぎた豆腐というのは食べる上でリスクが伴います。消費期限が過ぎた食品は豆腐に限らず菌が繁殖している可能性が高いので食あたりや食中毒を起こす可能性があります。

 

消費期限が過ぎた豆腐にはブドウ球菌が大量に繁殖している可能性あり【⇒⇒ブドウ球菌とは

 

充填豆腐のような完全密封で減菌処理もなされている豆腐ならば大丈夫かもしれませんが、それ以外の普通の豆腐は消費期限が過ぎたら諦めて捨てるようにしましょう。

 

  • 加熱したとしても食べるな危険な豆腐の特徴
  • 以下のような状態になっている場合は火を通したとしても食べないようにしてください。

     

    • 酸っぱい臭いがしている
    • 色が黄色くなっている
    • 糸をひいている
    <スポンサーリンク>
    page top