豆腐の栄養価・栄養成分

豆腐の栄養価・栄養成分

豆腐は低カロリーの割にはとても栄養価が高い食べ物です。今回は豆腐の栄養価について知って頂くためにどんな栄養成分が含まれており、それぞれが私たちの体にもたらす良い影響について紹介したいと思います。

 

 

豆腐に豊富な栄養成分一覧(木綿豆腐の例)

たんぱく質(5.0g/100g)

豆腐に含まれている豊富なたんぱく質は私たちの体(筋肉や血液)には欠かせない重要な栄養素です。たんぱく質が持っている「人間の構成に近いアミノ酸組成の度合い」のことをアミノ酸スコアという数値で表すのですが、豆腐のアミノ酸スコアは82/100と非常に高い数値になっています(白米は65、トウモロコシは75)。つまり低カロリーながら動物性たんぱく質にかなり近い効果を期待できるということになります。

 

脂質(3.3g/100g)

脂質と聞くと多くの人は太るのでは?と固定観念をもってしまいますが、豆腐の場合は動物性の脂肪と違い植物性なのでコレステロールがありませんので太りにくいです。豆腐が畑の肉といわれるほどビタミン・ミネラルが豊富で肉に近い栄養素を持っていますが、ヘルシー食品の代表格のような扱いを受けるのはそのためです。

 

ビタミン

豆腐に含まれているビタミンB1は糖質の代謝を高め、疲労物質が蓄積するのを防いでくれる効果があります。糖質制限食として豆腐が推奨されるのはこのためです。

<スポンサーリンク>
page top