豆腐ダイエットの危険性

豆腐ダイエットの危険性

豆腐ダイエットはやり方を一歩間違えると逆に健康を損なう危険性もあるみたいです。今回は豆腐ダイエットの危険性について調べた結果をまとめます。

 

 

栄養の偏り

豆腐が低カロリーだからといって豆腐ばかり食べていては確実に栄養が偏ります。豆腐では炭水化物や鉄、動物性たんぱく質が摂取できません。これらの栄養素が不足すると以下のような健康被害を被る危険性があります。

 

炭水化物の不足

炭水化物というのは糖質と食物繊維の総称です。炭水化物の不足は糖質の不足を意味しています。糖質というのは脳の唯一の栄養源ですので、不足することにより思考力の低下に繋がります。

 

動物性たんぱく質の不足

肉類や魚類に含まれている動物性たんぱく質は人間の体にとって非常に重要な栄養素です。豆腐にも植物性たんぱく質が含まれていますが、それのみというわけにはいかないのです。何故なら人間の体を作っているたんぱく質は20種類のアミノ酸の組み合わせでできていますが、そのうちの9種類のアミノ酸は体内で合成できない必須アミノ酸です。この必須アミノ酸というのは動物性たんぱく質には豊富に含まれていますが、植物性たんぱく質にはほとんど含まれていないのです。

 

※アミノ酸の60~70%程度は再利用されるので、肉食を避けたとしてもすぐに影響がでるわけではありません。

 

鉄の不足

鉄というのは血液をつくる上で欠かせないヘモグロビンの構成要素です。なので鉄が不足すると貧血気味になるリスクがあります。

<スポンサーリンク>
page top