豆腐を使ったお菓子は体にもおいしい

豆腐を使ったお菓子は体にもおいしい

クッキーやケーキの生地に、チョコに混ぜて、豆腐を使ったお菓子はネットを検索してみるとたくさんのレシピが見られます。どうしてみんな豆腐を使うのか、不思議ですよね?

 

 

豆腐はこんなにヘルシーな食材

 

カロリーが少なく肉の代わりのたんぱく質として知られる大豆ですが、豆腐はタンパク質以外にも栄養があります。ビタミンB1やカリウム、マグネシウム、鉄分などの微量栄養素の他、イソフラボンも注目されています。イソフラボンは女性ホルモンの働きを助けるので美肌効果やバストアップ効果も期待できます。ただし、あくまでお菓子の原料である以上、「ちょっとヘルシーになる」くらいの認識で作りましょう。

 

これが鉄板!手軽な豆腐の使い方

 

豆腐の使い方は主にお菓子の生地に混ぜるか牛乳の代わりに使うかです。豆腐を生地の一部として使うときは固めの豆腐やおから、あるいはきな粉が用いられます。そうでなく単純に生地と混ぜる場合は食感の滑らかな絹ごし豆腐が好まれます。
そのため、豆腐を使うお菓子はクッキーやドーナツにとどまらず、チーズケーキや生チョコ、果てはティラミスやアイスクリームなどに及びます。
豆腐を使うことによって本来使うはずの卵や牛乳を使わなくてよいレシピもたくさんあるので検索してみると面白いでしょう。柔らかいので加工も簡単です。

 

 

 

豆腐を使ったお菓子は今や定番のヘルシースイーツと言えます。レシピによってはお勧めの豆腐も書かれていますが、どんなものでもしっかり水切りをすると風味がよくなるでしょう。

<スポンサーリンク>
page top