豆腐の種類と特徴/とうふ.com

麻婆豆腐にキャベツを合わせると効果的

ダイエットをしたいけれど、おなかが空くのは嫌だ。そんなあなたにオススメの食材がキャベツ。お腹に溜まりやすくアレンジしやすいのが特徴です。

 

 

キャベツは安くておなかに溜まる

ダイエットとは要するに「食べるカロリーを消費するカロリーより少なくして体重を減らす」こと。そのためには食べる量を減らすか、カロリーの低い食べ物を食べるかのどちらかです。

 

ヘルシーフードは意外と値段が張るものですが、キャベツは何よりも安く、ひと玉100〜200円に収まります。しかも、生で食べるなら1食で6分の1も食べれば多いくらいです。食物繊維が多いためお腹がいっぱいになるのも早いことが魅力的です。

 

しかも、キャベツは他の野菜に比べて味に癖が少ないというメリットがあります。そのため、サラダとして食べるのも、料理に合わせるのも簡単です。

 

単色野菜は栄養がなさそうなイメージですがキャベツはビタミンCが豊富でその他には胃の粘膜を守るキャベジンやカルシウムの働きを助けるビタミンKが入っています

 

がっつり食べたいなら麻婆キャベツ

ただキャベツを食べるだけでは味気ないというあなたには麻婆キャベツがおすすめです。

 

麻婆キャベツには大きく二つあって、マーボー豆腐にキャベツを入れるものと、麻婆豆腐をキャベツにかけるものがあります。

 

前者は麻婆豆腐の具材に入れたり麻婆豆腐のもとを使うのに対し、後者は麻婆豆腐をご飯にかけるように千切りキャベツの上にかけます。

 

麻婆豆腐は1人分で340kcalあるので悟飯や具材をキャベツに置き換えるのは有効です。

 

ダイエットで大切なのは続けること。せっかくですからおいしくて続けられるメニューを試していきましょう。

<スポンサーリンク>
page top