豆腐の種類と特徴/とうふ.com

味の素の6種類から味わいを選べる麻婆豆腐の元

忙しい主婦の味方と言えば味の素の「COOKDO」シリーズ。これ一つで簡単においしい中華料理を作れますが、麻婆豆腐の種類がとても充実していること知っていましたか?

 

 

本場の味から子供向けまで選べる麻婆豆腐のもと

 

COOK DOの麻婆豆腐のもとは、麻婆茄子も合わせれば7種類あり好みに合わせて選べます。中には粗挽き肉入りのものも入っているので、より料理が簡単になるでしょう。

 

まず、肉なしのもとは四川式麻婆豆腐と広東式麻婆豆腐があります。四川式麻婆豆腐のもとは辛めでスパイスもしっかり使われています。

 

対して広東式麻婆豆腐のもとはスパイスは抑えめですがオイスターソースが配合されコクがプラスされています。このふたつは辛口と甘口の使い分けと同じです。

 

4種類から選べるひき肉入り麻婆豆腐

粗挽き肉の入った麻婆豆腐は4種類あり、好みの味で選べます。最近はとろみがついているので片栗粉を入れる手間すら省けます。

 

辛い麻婆豆腐がお好みの場合は赤の麻婆豆腐を選びましょう。豆板醤や甜麺醤、辣油の赤さが際立ちます。

 

より本場に近い味わいなら黒の麻婆豆腐。赤よりも花椒を利かせた味わいで舌に心地よい刺激が感じられます。そして、さわやかな味わいのする白の麻婆豆腐。こちらは白湯スープをベースにしており、スパイスは少し抑えられています。

 

最後に、甘の麻婆豆腐は甜麺醤やオイスターソースを使ったまろやかな味わいです。

 

 

 

麻婆豆腐のもとは食べきりサイズで、料理の時間が減ることがメリット。気分に分けて種類を変えてみるのもいいでしょう。

<スポンサーリンク>
page top