豆腐の種類と特徴/とうふ.com

残り物の麻婆豆腐を簡単アレンジするなら

麻婆豆腐が残ってしまった。明日も食べればよいのですが、せっかくならひと工夫して食べたいですよね。そこで、こんなアレンジをしてみましょう。

 

 

麻婆豆腐はアレンジがしやすい

麻婆豆腐は比較的アレンジしやすい料理と言えます。その理由は使われる具材が少ないこと。基本的には豆腐とひき肉しか入っていません。

 

しかも豆腐は小さく切られているのでアレンジするとき、物理的に使いやすいです。さらに、味つけに大きな癖がないことも理由です。

 

入っているものは唐辛子、醤油、スープの素、豆板醤くらいなので他の料理に使っても失敗しづらいと考えられます。そのためか、麻婆豆腐を使ったアレンジレシピは数多く公開されていて、和食、洋食問わず作れるようです。

 

例えばこんなアレンジはいかがですか?

麻婆豆腐のアレンジとして人気なのは卵やチーズを使ったものです。

 

卵を使ったアレンジは、定番の中華スープからオムレツまでいろいろあります。卵とじにするとトロトロな食感を味わえるだけでなく、辛さもマイルドになります。そのためか、麻婆豆腐の具材として卵を入れるのも珍しくありません。

 

チーズを使えばグラタンのようにすることができます、さらにご飯を敷けばドリアの完成です。麻婆豆腐を敷いて、チーズを乗せて、オーブンで焼くだけ。麻婆豆腐のアレンジというよりも中華風グラタンと言える出来上がりになります。

 

 

 

麻婆茄子や麻婆春雨ももとは麻婆豆腐のアレンジとして生まれた日本料理です。それだけ作り変えやすい料理である証拠でしょう。

<スポンサーリンク>
page top