木綿豆腐と絹ごし豆腐、麻婆豆腐に使うならどっち?

木綿豆腐と絹ごし豆腐、麻婆豆腐に使うならどっち?

麻婆豆腐の基本はやっぱり豆腐。木綿豆腐と絹ごし豆腐は°地を選んだ方が美味しく作れるのでしょうか?

 

 

煮崩れしづらく歯ごたえの良い木綿豆腐

 

麻婆豆腐のつくり方を調べてみると、多くは木綿豆腐を使うことを推奨しています。その理由は煮崩れのしにくさと味のしみこみやすさです。
木綿豆腐あらかじめ水分が押し出されているためがっしりとしています。麻婆豆腐を作る際に豆腐の形が崩れにくいだけでなく、水分が少ない分スープがしみこみやすいです。
そのため、しっかりとした食感と豆腐の形を保つなら木綿豆腐がおすすめ。箸で食べることを考えても木綿豆腐の方が良いでしょう

 

やわらかく、コクのある絹ごし豆腐

 

対して絹ごし豆腐を使うメリットは柔らかさにあります。豆乳を固めただけの絹ごし豆腐は下の上で簡単に潰れる口どけの良さが魅力的。豆腐のコクを感じられます。
木綿豆腐より煮崩れがしやすく、味がしみ込みづらい面はありますが、口の中でスープと豆腐が溶けあう感触は絹ごし豆腐ならではのものでしょう。木綿豆腐とは一味違った麻婆豆腐を作ることができます。
ただし、絹ごし豆腐最大のデメリットは箸で食べづらいこと、豆腐が柔らかいので上手くつかめません。逆に、スプーンで食べる分には問題にならないほか、簡単に切れるのでわざわざさいの目切りにする必要すらないでしょう。

 

 

 

木綿豆腐と絹ごし豆腐。麻婆豆腐に使うのなら好みで選んでよいと思われます。絹ごし豆腐を煮崩れさせたくなければ、豆腐をつぶさないように混ぜるのがコツです。

<スポンサーリンク>
page top