麻婆豆腐まとめ|栄養・作り方・アレンジ方法・味付けのコツ他

麻婆豆腐まとめ|栄養・作り方・アレンジ方法・味付けのコツ他

麻婆豆腐に関する情報をまとめているカテゴリです。

カロリーの高そうな中華料理ですが、麻婆豆腐にはどのような栄養が入っているのでしょうか?麻婆豆腐は高たんぱくなおかずです料理の栄養は料理の仕方や使われている材料・調味料によって決まります。麻婆豆腐に使われる食材は豆腐とひき肉、それにねぎ、しょうが、にんにく、唐辛子が一般的です。他の食材が使われることもありますが、あくまでメインは豆腐とひき肉です。そのため、麻婆豆腐は高たんぱくな一品と言えます。動物性...

豆腐を使っている割に高カロリーと言われる麻婆豆腐は糖質制限ダイエット中も避けた方がいいのか?実は麻婆豆腐に含まれる糖質はわずかです。糖質制限ダイエットって何?糖質制限ダイエットとは言ってしまえば「炭水化物を減らそう」というものです。炭水化物は消化しやすく、エネルギーとして使われないものは脂肪として溜まってしまうので、3大エネルギーの中でも特に糖質の量を減らすのが合理的という考えです。糖質制限は通常...

麻婆豆腐や八宝菜など、片栗粉のとろみは具材にスープをからめやすくしてくれます。もし、麻婆豆腐をつくろうとしたら片栗粉が切れていた!というとき、どんな方法があるのでしょうか?そういえば片栗粉って何なの?スープにとろみをつけるため、欠かすことのできない片栗粉ですが、そもそも片栗粉って何の粉なのでしょうか?答えはジャガイモです。もとはカタクリという植物から作っていたようですが、安価で作れることからジャガ...

中華料理というと味が濃いイメージがありますが、麻婆豆腐だって例外ではありません。塩分の取り過ぎには気を付けたいですね。麻婆豆腐の塩分は意外に多い私たちが摂取する塩分は基本的に調味料からのものです。麻婆豆腐に使われる調味料は塩、豆板醤、醤油、甜麺醤など。これらが使われることによって麻婆豆腐の塩分は4〜5gになります。塩分が多いと高血圧になるリスクが上がりますが、それに対策するとなれば1日6g、そうで...

中華料理は辛い味つけのものも多く、子どもによっては好き嫌いが分かれます。そこで辛口の麻婆豆腐をひと工夫で甘口に変えましょう。日本の麻婆豆腐はそもそも辛さを抑えて作られている麻婆豆腐はあんの色が赤く、見るからに辛そうです。中華料理の中でもこのように唐辛子をたくさん使う傾向があるのが四川料理。麻婆豆腐もその一つです。しかし、本場の味では辛いため、麻婆豆腐が日本に入ってくる際に辛さを抑えるよう改良された...

麻婆豆腐の基本はやっぱり豆腐。木綿豆腐と絹ごし豆腐は°地を選んだ方が美味しく作れるのでしょうか?煮崩れしづらく歯ごたえの良い木綿豆腐麻婆豆腐のつくり方を調べてみると、多くは木綿豆腐を使うことを推奨しています。その理由は煮崩れのしにくさと味のしみこみやすさです。木綿豆腐あらかじめ水分が押し出されているためがっしりとしています。麻婆豆腐を作る際に豆腐の形が崩れにくいだけでなく、水分が少ない分スープがし...

すっかり日本の家庭料理として一般的になっている麻婆豆腐。自分好みの味にするために、その人ならではのひと工夫が観られる料理でもあるようです。麻婆豆腐はレシピがたくさんあります麻婆豆腐のレシピは多く、それぞれに微妙な違いがあります。豆腐であれば木綿豆腐と絹ごし豆腐で分かれ、ひき肉だって牛や豚で違いが出ます。中には鶏肉を使う人もいます。他にはごま油を使う人、本場のように花椒をたくさん使う人や、唐辛子すら...

濃いめの味付けで、食べごたえもある麻婆豆腐は、中華料理の中でも人気の1品です。気になるのはカロリーですが、どのくらいあるのでしょうか?麻婆豆腐のカロリーは300kcal以上豆腐が主役で、水分も多そうな麻婆豆腐ですが、そのカロリーは300kcalを超えます。ねぎや生姜、唐辛子なども入って栄養価が高そうですが、それだけではないようです。麻婆豆腐のカロリーが高いのはいくつかの理由があります。まず、豆腐の...

定番だからこそ、上手く作るにはコツのいる麻婆豆腐。今日からはこんなポイントに注意して作ってみませんか?麻婆豆腐なら、豆腐の固さに気を付けよう麻婆豆腐の主役はやはり豆腐です。豆腐が固かったり、おいしくなかったりでは麻婆豆腐を十分楽しめません。そこで、形がしっかりかつ柔らかく豆腐を加熱する必要があります。豆腐の形をしっかり残したいのなら、まずは木綿豆腐を選ぶことです。水切りをするとえぐみが減りますが、...

麻婆豆腐は味がだいたい決まっているので、アレンジをするなら思い切った発想が必要です。こんなポイントを意識してみましょう。麻婆豆腐に〇〇をプラス麻婆豆腐をアレンジするなら「中華」という制約の外に出るようなものを目指しましょう。そうすることで飽きが来ず別の料理として成立させやすくなります。ネット上を見る限り麻婆豆腐のアレンジレシピとして公開されているものは「豆腐と水溶き片栗粉」が使われていることを除い...

中華料理の定番、麻婆豆腐。さっと作れて悟飯のお供にもピッタリです。そんな麻婆豆腐もいくつか種類を知っておけば、もっと楽しく作れるかもしれませんよ。中国風の麻婆豆腐はスパイスが決め手麻婆豆腐は唐辛子の辛さが特徴的な四川料理に数えられます。19世紀は清の時代、ありあわせの材料で作られた料理が始まりと言われています。その後は客足も増え一時期は国営企業になるほどでした。今も、成都にお店を構えているようです...

麻婆豆腐に入れる豆腐は木綿と絹ごしどちらが良いのか、またはそれ以外のバリエーションがあるのか、そんな知っておきたいまめ知識を紹介します。麻婆豆腐には木綿・絹ごしどちらもOK麻婆豆腐に使う豆腐は木綿豆腐でも絹ごし豆腐でも大丈夫です。よく、どちらの方がおすすめかという情報がありますが、あくまで好みの問題です。木綿豆腐は、水分が少なく歯ごたえがあるのが特徴です。麻婆豆腐に使うことを考えれば煮崩れがしづら...

最近仙台の新しい名物として押し出されている麻婆焼きそば。メニューとしては新しいものでもないのに、どうして仙台の食べ物と認知されるに至ったのでしょうか?麻婆焼きそばはただのまかない飯だった麻婆焼きそばというのは言ってしまえば焼きそばに麻婆豆腐をかけたものであんかけ焼きそばの一種と言えます。使う焼きそばは普通に炒めた焼きそばでも、かた焼きそばでも構いません。そのため、麻婆丼の亜種として見ることもできま...

麻婆豆腐はカロリーが高めで太ると言われている反面、ダイエットに良い成分も含まれています。実際のところ、麻婆豆腐は太るもとなのでしょうか?麻婆豆腐のカロリーは意外と高い麻婆豆腐のカロリーは大体340kcal程度と言われています。豆腐が主な具材なのにどうして?と思いますが、豆腐の分は80kcalほどなのでのこりは他の材料です。まず、カロリーの高い要因その位置はひき肉です。ひき肉は1人前あたりおよそ50...

東京で食べられる麻婆豆腐が美味しいお店をご紹介、本場に負けない味わいが楽しめます。料理の鉄人が作る四川飯店料理の鉄人としておなじみの陳健一さんがオーナーを務める四川飯店。ここは、日本に麻婆豆腐を取り入れた四川料理の父・陳建民さんが創業しました。洗練された味わいと食欲のそそる香りが魅力的。麻婆豆腐は、本場そのままの陳麻婆豆腐と、陳建民さんが開発した日本風麻婆豆腐の二種類から選べます。麻婆豆腐発祥の味...

麻婆豆腐のためにひき肉を買うのがめんどくさい、もはや肉なしの麻婆豆腐を作りたい、球には違う具材を使いたい。そんな時に役立つ方法を紹介します。ひき肉が無い時はこんな肉を使う麻婆豆腐の具材は豆腐とひき肉。それ以外の具材はあくまで薬味や調味料でしかありません。そのためひき肉の代わりに別の肉を使うと良くも悪くも味わいが大きく変わります。たとえば、ひき肉がなければ豚小間肉を小さく切る方法があります。粗挽き肉...

中華料理のお店が並ぶ赤坂では、中国と同じ作り方の麻婆豆腐を食べることができます。本場の味「陳麻婆豆腐」とはいったいどのようなものなのでしょうか?陳麻婆豆腐ってどんなもの?麻婆豆腐は今から100年以上前、中国の四川省で生まれました。考案したのは料理屋さんをやっていた陳さん。かおにあばたがあったことから「陳麻婆」と呼ばれていたようです。肉体労働者たちに愛されるお店で、豆腐料理が得意でした。麻婆豆腐が生...

麻婆豆腐を作るとき、水溶き片栗粉を入れてもとろみができない、それどころか塊ができてしまう。そんな事態を防ぐためにはこのポイントに気をつけましょう。水溶き片栗粉は加熱することでトロトロになるよく、水溶き片栗粉でとろみをつけますが、水溶き片栗粉っていうほどトロトロではありませんよね?どうして、水溶き片栗粉を加えるとトロトロになるのでしょうか?その答えはでんぷんの糊化にあります。でんぷんは沸騰した状態で...

麻婆豆腐が残ってしまった。明日も食べればよいのですが、せっかくならひと工夫して食べたいですよね。そこで、こんなアレンジをしてみましょう。麻婆豆腐はアレンジがしやすい麻婆豆腐は比較的アレンジしやすい料理と言えます。その理由は使われる具材が少ないこと。基本的には豆腐とひき肉しか入っていません。しかも豆腐は小さく切られているのでアレンジするとき、物理的に使いやすいです。さらに、味つけに大きな癖がないこと...

麻婆豆腐をつくろうと思って麻婆茄子のもとを買ってしまった。そんなことはなかなか少ないと思いますが、麻婆茄子と麻婆豆腐のもとって違いがあるのでしょうか?麻婆豆腐のもとと麻婆茄子のもとは微妙に違うけど大差はない麻婆茄子というのはそもそも麻婆豆腐の代わりに素揚げした茄子を用いる料理なので、基本的な味付けに差はありません。もちろんなす以外にニンジンやピーマン、ズッキーニなどの野菜を入れるのも彩り豊かでいい...

麻婆豆腐にチーズを乗せるとグラタンやドリアのような味わいを楽しむことができます。こんな風にアレンジしてみましょう。麻婆豆腐にチーズを乗せると中華風グラタンに麻婆豆腐にチーズを乗せるとチーズのコクが加わるだけでなく、麻婆豆腐の絡みもマイルドにすることができます。普段よりも食べごたえのある麻婆豆腐を食べたいときにお勧めです。チーズを乗せるときは麻婆豆腐をホワイトソース代わりにしてグラタンやドリアにしま...

麻婆豆腐にトマトを入れるレシピはテレビや雑誌で紹介されるほどに有名です。初めての方には勇気のいる組み合わせですが、さわやかでおいしく、洋風のアレンジもできる優れものでした。トマトの歯ごたえは加熱時間で決まる麻婆豆腐にトマトを入れると程よい酸味と甘みで爽やかな味わいになります。トマトが入る分辛さも和らぐ効果もあります。トマトを麻婆豆腐に入れる時はトマトの食感を自由に調節しましょう。くたくたにしてスー...

麻婆豆腐の具材はひき肉と豆腐だけ。たまには他の具材も入れてみたいですよね。そこで、どんな具材を入れるとおいしく食べられるのかを考えてみました。麻婆茄子や麻婆春雨もアレンジ料理としてできた麻婆豆腐のアレンジレシピはいろいろありますが、麻婆豆腐や麻婆春雨だって日本で生まれた料理ですし、麻婆豆腐ですら日本と中国では作り方が違います。日本の麻婆豆腐は中国の麻婆豆腐から花椒を無くし、辛さをマイルドにしてショ...

麻婆豆腐は汁けのある料理だから水を切る必要はないのか、いやいや煮崩れが怖いから水切りをした方が良いのか、そんな疑問にお答えします。水切りは、煮崩れを防ぐうえで効果的豆腐は水分をたくさん含んでいる食品で、豆腐の臭みやえぐみも豆腐から出てくる汁に入っています。そこで豆腐の水切りをします。豆腐を水切りすれば豆腐のまずい部分が抜けて豆腐本来のおいしさを感じやすくなります。しっかり水切りするときはキッチンペ...

家庭によってさまざまなつくり方が存在する麻婆豆腐は家庭料理のなかでもメジャーです。そんな麻婆豆腐ですが、どんな調味料を入れれば麻婆豆腐になるのかって意外に分からないものですよね。そこで、今回は自己流から一度離れて麻婆豆腐について学びましょう。麻婆豆腐の基礎となる調味料はこれ麻婆豆腐には何が入っているのでしょうか?考えつくのは豆腐、ひき肉、唐辛子、スープの素、醤油、そして豆板醤や甜麺醤などの中華な調...

麻婆豆腐に何か野菜をプラスしたい。そんな時は何を一緒に食べるといいのでしょう?麻婆豆腐に他の野菜を追加しても大丈夫なのでしょうか?麻婆豆腐は栄養が偏っている麻婆豆腐は使われる材料が少ないため栄養素が偏っています。これはあくまで料理の性質なので麻婆豆腐が悪いわけではありません。使われている原料だって豆腐にひき肉、ねぎ、しょうが、にんにく、唐辛子と言ったところ。どれも栄養価の高い食材ですが、品目が足り...

麻婆豆腐には長ねぎが必要、でもそれだけのためにねぎを買うのは面倒だしどうせなら出番の多い玉ねぎで代用したい。それって可能でしょうか?玉ねぎと長ねぎの違いっていったい何なの?玉ねぎと長ねぎはどちらも同じ種族の植物で、親戚のような関係にあります。玉ねぎは紀元前5000年あたりから中央アジアで育っていたのに対し長ねぎは紀元前1000年くらいから中国で育っていたようです。長ねぎは古くから薬味、香り付けの素...

普段何気なく買う豆腐ですが、そういえば豆腐ってどのくらい日持ちがするのでしょうか?加熱して麻婆豆腐にするのも一つの手ですが、麻婆豆腐の日持ちもあまり長くはないようです。豆腐はその日のうちに使い切るのが原則豆腐は加工食品ですが、だからと言って日持ちするわけではありません。パックに入ったままでも長くて1週間、開封したものであれば持って2日です。それ以上たつと色は黄ばみ、においもきつくなり、終いには粘り...

麻婆豆腐は中国4000年の歴史においても比較的新しい料理です。今でこそ人気料理のひとつとなった麻婆豆腐ですが、実は開発の末に生まれたものではなかったようです。麻婆豆腐は残り物が生んだ偶然だった時はおよそ100年前、清は同治帝の時代、四川省の都・成都に一人の女性がいました。彼女の名前はチャオチャオといい、顔にあばたがあることから「麻婆」の由来となりました。料理屋を営んでいた彼女は腕がよく、労働者から...

麻婆豆腐は材料も少なく、麻婆豆腐のもとも一般的に売られています。なので失敗することも少ない料理と言えます。では、普段の麻婆豆腐をもっとおいしくするならどんなことができるのでしょうか?おいしい麻婆豆腐は時間をかけること麻婆豆腐を美味しく作るためには特別な材料を使う必要はありません。普通の豆腐、ひき肉、そしてねぎ、しょうが、にんにくと入れる具材も単純です。だからこそ、麻婆豆腐は作り方に気を遣う必要があ...

麻婆豆腐は家庭でも定番のメニュー。これに合わせるならどんな副菜が良いのか、ボリュームや栄養の面から考えてみましょう。麻婆豆腐は主菜です麻婆豆腐は味も濃いめで、カロリーも低くありません、一皿あたり340kcalなので、麻婆豆腐を副菜に他の主菜を食べたらカロリーオーバーしてしまうでしょう。まずは、麻婆豆腐が主菜であるという認識が大切です。使われている具材は豆腐とひき肉だけですが、油がそれなりに入ってい...

焼肉のタレって、焼肉にするときに買った後出番がなくて余ってしまいませんか?そこであまってしまった焼肉のたれを使ってこんな料理を作ってみましょう。焼肉のたれで麻婆豆腐焼肉のたれを麻婆豆腐に入れると甘みとコクが引き立ちます。二人分の麻婆豆腐を作るときに大さじ3杯ほど入れるとバランスがよくなるでしょう。他の作り方については普通の麻婆豆腐と同じく、ねぎ、しょうが、にんにく、豆板醤などの調味料を使います。焼...

麻婆豆腐のアレンジとして定番の卵、麻婆豆腐の具として使うだけでなく麻婆豆腐のもとと合わせることで簡単料理が作れます。こんなにおいしい卵入り麻婆豆腐麻婆豆腐に卵を入れる時はとき卵を使います。とき卵はゆるく加熱するとトロトロに、しっかり加熱するとふわふわになります。豆腐とひき肉にもう一つ食感がプラスできます。さらに卵を多めに入れて麻婆豆腐を卵とじにするのもおいしいです。卵を入れることで片栗粉とはまた違...

ダイエット中はカロリーの高いものを食べたくないので、肉があまり使われていない麻婆豆腐なら...と思いますが麻婆豆腐は意外と高カロリーです。麻婆豆腐のカロリーはタンパク質と脂質よく、糖質制限に麻婆豆腐を食べる人がいますが、麻婆豆腐の糖質が少ないという点は本当です。麻婆豆腐には米も小麦も使われていませんし、主な具材は豆腐と豚肉です。そのため、麻婆豆腐は高たんぱくなおかずです。さらに、中華料理は油がたく...

ダイエットをしたいけれど、おなかが空くのは嫌だ。そんなあなたにオススメの食材がキャベツ。お腹に溜まりやすくアレンジしやすいのが特徴です。キャベツは安くておなかに溜まるダイエットとは要するに「食べるカロリーを消費するカロリーより少なくして体重を減らす」こと。そのためには食べる量を減らすか、カロリーの低い食べ物を食べるかのどちらかです。ヘルシーフードは意外と値段が張るものですが、キャベツは何よりも安く...

ひんやりと美味しいそうめんは夏の定番アイテム。しかし、いつもそうめんばかりでは飽きてしまいます。そこで、食べごたえばっちりの麻婆そうめんはいかがでしょうか?そうめんに麻婆豆腐を乗せるだけそうめんが余ってしまった、でも飽きてしまって食べる気が起きない。そんな時には麻婆そうめんがおすすめです。特別な作業は必要なし。ただ、そうめんに麻婆豆腐を乗せるだけです。油が多く味の濃い麻婆豆腐がそうめんに良くマッチ...

忙しい主婦の味方と言えば味の素の「COOKDO」シリーズ。これ一つで簡単においしい中華料理を作れますが、麻婆豆腐の種類がとても充実していること知っていましたか?本場の味から子供向けまで選べる麻婆豆腐のもとCOOK DOの麻婆豆腐のもとは、麻婆茄子も合わせれば7種類あり好みに合わせて選べます。中には粗挽き肉入りのものも入っているので、より料理が簡単になるでしょう。まず、肉なしのもとは四川式麻婆豆腐と...

麻婆麺という料理をご存知ですか?ラーメンに麻婆豆腐を乗せただけのシンプルなもので、ラーメンでは味わえないとろみや辛さが味わえます。麻婆麺を作るときは醤油ベースの薄味で麻婆麺を作るときは麻婆豆腐に合わせてラーメンを作るか、または麻婆豆腐の味をラーメンに合わせる必要があります。まず、ラーメンは麻婆豆腐の風味に合う醤油ラーメンにしましょう、味噌ラーメンやとんこつラーメンだと、麻婆豆腐の良さを生かしきれま...

麻婆豆腐に納豆を入れる。そんなレシピも最近は珍しくないものです。そもそも料理に納豆を入れること自体に抵抗がある、そんなあなたに読んでいただきたい情報をお伝えします。納豆はひき肉の代わりに入れる納豆が好きという方はもちろん、変わった麻婆豆腐を食べたいという方にもお勧めの納豆ですが、ネット上に公開されているレシピを見ると多くの人はひき肉の代わりに使っています。納豆とひき肉を比べた時、納豆の方が低カロリ...

page top