赤ちゃんや花粉症の人は豆腐のアレルギー症状に気を付けて

赤ちゃんや花粉症の人は豆腐のアレルギー症状に気を付けて

栄養もあり、食べやすいことから、豆腐は赤ちゃんの離乳食に最適です。しかし、豆腐でアレルギーを発生することもあるようです。

 

 

意外に侮れない大豆アレルギー

 

私たちの生活には調味料のレベルから大豆は重要な役割を持っています。しかし、大豆アレルギーは卵に次いで多く、離乳食選びの問題となっています。大豆アレルギーである以上はそのままの大豆はもちろん、豆乳、おから、枝豆でもアレルギーの危険があります。しかし、加工の度合いが強い味噌や醤油、納豆では発症しない例も多く観られています。

 

大豆アレルギーは、体中に赤い発疹が現れます。とくに首回りに出てくるので、あごで隠れている場合もよくチェックしましょう。

 

大人も気を付けたい大豆アレルギー

 

大豆アレルギーは成長につれて改する人もいます。そのため、子どもの内は食べられなくても諦めるのはもっと先で大丈夫です。しかし、大人は大人で大豆アレルギーを気を付ける要因があるのです。それが、花粉。
大豆アレルギーはシラカバやハンノキと言ってカバノキ科の花粉症と強く関わっています。カバノキ科の花粉に含まれるアレルゲンタンパクと同じような成分が含まれていることから、花粉症と同様に口腔アレルギー反応を引き起こしてしまいます。

 

 

 

大豆アレルギーは子どもから大人になるうちに治る場合もありますが、花粉症と一緒に発覚する場合もあります。少なくとも、スギ花粉は大豆とかかわりません。

<スポンサーリンク>
page top