離乳食の豆腐はいつまで湯通しをすればいいの?

離乳食の豆腐はいつまで湯通しをすればいいの?

離乳食では色々なものを与えたい。豆腐もよい選択肢ですが、安全のために湯通しをする必要があります。いつまで行えばいいのでしょうか?

 

豆腐を離乳食に使うための方法

 

離乳食における豆腐は貴重なタンパク源でありながら、柔らかく、加工も簡単。特に赤ちゃんの食べやすさを考えるなら木綿豆腐より絹ごし豆腐がおすすめです。
豆腐を離乳食で使うときは、殺菌のために湯通しすることが大切です。湯通しは、お湯に入れて60〜90秒ほど、電子レンジであれば1分ほどの過熱でOK.。湯通しの時間をもっと短縮したい場合は小さく切ると火が通りやすくなります。
湯通しをした後はすり鉢、裏ごし器をつかって滑らかにします。子供の成長に合わせてつぶす度合いを減らしてもいいでしょう。食べさせる時期は離乳食初期から可能ですが、多くのお母さんたちは離乳食中期から与えているようです。これは、アレルギーが出る食物であることが理由です。

 

とりあえず1歳6カ月までは湯通ししてあげましょう

 

豆腐の湯通しは、離乳食が終わる1歳6カ月まで行いましょう。この時期を超えると大人と同じような食事ができるようになります。また、豆腐が余った場合は大人であっても湯通しをする必要があります。
赤ちゃんの食べる量からは豆腐が確実に残ってしまいますので、小さなパックの豆腐を買うことや、赤ちゃんに挙げた残りを家族で食べきることが求められます。

 

 

 

作るのが面倒な離乳食ですが、赤ちゃんの成長には欠かせません。食材ごとの注意点を踏まえた栄養管理をしましょう。

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

豆腐の作り方
前回の【豆腐の原料の製造工程】の続きで、豆腐の作り方を紹介させて頂いています。今回は豆乳からどうプルプル柔らかい豆腐が作れるのかの紹介ですね。木綿豆腐・絹ごし豆腐・充填豆腐では微妙に作り方が違うのでその部分にも触れてお話したいと思います。
豆腐の製造工程
当サイトでは豆腐の栄養や料理への活用方法など豆腐の魅力をお伝えすることに力を入れていますが、今回はその豆腐の「原料」はどうやって作られているのか、その製造工程について紹介しています。
豆腐の水分を飛ばす方法
豆腐を料理などに活用する場合は、水分を飛ばして調理しやすくするのが一般的です。今回は豆腐の水分の飛ばし方について紹介したいと思います。
市販の豆乳とにがりで!豆腐の作り方のポイント
市販のにがりと豆乳を使った豆腐の作り方のポイントを紹介しています。作り方をわかりやすく紹介してくれている動画もご紹介!
豆腐の硫酸カルシウムの特徴
硫酸カルシウム(CaSO4 )は豆腐を作る場合に主に利用される凝固剤の1つですね。今回は硫酸カルシウムの特徴や濃度、分量に関するお話です。
豆腐の凝固剤グルコノデルタラクトンの特徴
豆腐の凝固剤として用いるグルコノデルタラクトンの特徴を紹介しています。にがりとの違いなどに触れながら解説していきます。
豆腐の凝固剤の種類と表示
豆腐の凝固剤の種類を紹介しています。豆乳を固めて豆腐を作る役割を持つ「凝固剤」ですが、その凝固剤にはどのような種類があるのでしょうか。
豆腐の作り方でにがりの量は?
豆腐を作るのに欠かせないにがり(凝固剤)ですが、どのくらいの量を入れればいいのか悩まれる人も多いようです。
豆腐のにがりって塩分なの?ナトリウムが入っているのはどうして?
豆腐の表記を見ると「ナトリウム」と書いていることがあります。これは、食塩を使っているということなのでしょうか?それとも、にがりの成分なのでしょうか?
豆腐の水切りが電子レンジで短くできる!
豆腐にはたくさんの水分が含まれているため、水切りをするとかさが3分の1以上減ってしまうこともあります。水切りをしっかり行う時間をつくれない時はこんな方法を試してみましょう。
豆腐はいつから離乳食に使っていいの?気になるのはアレルギー
豆腐は栄養価が高い反面アレルギーも出やすい食べ物です、デリケートな赤ちゃんにはいつから食べさせて良いのでしょうか?
赤ちゃんや花粉症の人は豆腐のアレルギー症状に気を付けて
栄養もあり、食べやすいことから、豆腐は赤ちゃんの離乳食に最適です。しかし、豆腐でアレルギーを発生することもあるようです
当サイトについて

離乳食の豆腐はいつまで湯通しをすればいいの?


当サイトでは「豆腐」についての情報をまとめています。様々な豆腐の健康効果や作り方、美味しい食べ方などなど、豆腐に関することならかなり充実しています。

<スポンサーリンク>

当サイトについて

サイト内カテゴリ


 
トップページ