豆腐はいつから離乳食に使っていいの?気になるのはアレルギー

豆腐はいつから離乳食に使っていいの?気になるのはアレルギー

豆腐は栄養価が高い反面アレルギーも出やすい食べ物です、デリケートな赤ちゃんにはいつから食べさせて良いのでしょうか?

 

食べるだけなら離乳食初期からでも大丈夫です

 

豆腐は柔らかく、赤ちゃんにとって有害な物質も入っているわけではありません。そのため、離乳食初期から豆腐は食べさせてもOKです。豆腐を食べさせるときは、殺菌をすることが望まれるのでお湯で1〜1分半の湯通し、または電子レンジでの30〜60秒の過熱が必要です。湯通しは大人と同じ食事ができる離乳食完了期、1歳6カ月まで続けるといいでしょう。

 

しかし、厚生労働省のデータを見ると、豆腐を離乳食として食べさせるのは離乳食中期からとしている方が8割程度います。これは、アレルギー対策です。大豆アレルギーは乳児の方が出やすいので、少し大きくなるまで待つようです。

 

豆腐の力で苦手なものも食べよう

 

豆腐を離乳食にするときは、すり鉢や裏ごし器で潰して食べさせます。豆腐は味が濃く、他のものを入れても、それが分かりづらいです。
そこで、赤ちゃんの嫌いな食べ物を豆腐に混ぜて食べさせる手があります。たとえばオクラ、トマト、ピーマンなどです。他にもなすやしいたけも苦手なようです。
離乳食が噛んで食べられるようになったら、豆腐ハンバーグを作るのもいいでしょう。

 

 

 

赤ちゃんの離乳食に栄養たっぷりの豆腐はお勧めで、いつから始めることもできます。ただし、アレルギー反応が出るかもしれないので少しずつ食べさせてあげましょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

豆腐の作り方
前回の【豆腐の原料の製造工程】の続きで、豆腐の作り方を紹介させて頂いています。今回は豆乳からどうプルプル柔らかい豆腐が作れるのかの紹介ですね。木綿豆腐・絹ごし豆腐・充填豆腐では微妙に作り方が違うのでその部分にも触れてお話したいと思います。
豆腐の製造工程
当サイトでは豆腐の栄養や料理への活用方法など豆腐の魅力をお伝えすることに力を入れていますが、今回はその豆腐の「原料」はどうやって作られているのか、その製造工程について紹介しています。
豆腐の水分を飛ばす方法
豆腐を料理などに活用する場合は、水分を飛ばして調理しやすくするのが一般的です。今回は豆腐の水分の飛ばし方について紹介したいと思います。
市販の豆乳とにがりで!豆腐の作り方のポイント
市販のにがりと豆乳を使った豆腐の作り方のポイントを紹介しています。作り方をわかりやすく紹介してくれている動画もご紹介!
豆腐の硫酸カルシウムの特徴
硫酸カルシウム(CaSO4 )は豆腐を作る場合に主に利用される凝固剤の1つですね。今回は硫酸カルシウムの特徴や濃度、分量に関するお話です。
豆腐の凝固剤グルコノデルタラクトンの特徴
豆腐の凝固剤として用いるグルコノデルタラクトンの特徴を紹介しています。にがりとの違いなどに触れながら解説していきます。
豆腐の凝固剤の種類と表示
豆腐の凝固剤の種類を紹介しています。豆乳を固めて豆腐を作る役割を持つ「凝固剤」ですが、その凝固剤にはどのような種類があるのでしょうか。
豆腐の作り方でにがりの量は?
豆腐を作るのに欠かせないにがり(凝固剤)ですが、どのくらいの量を入れればいいのか悩まれる人も多いようです。
豆腐のにがりって塩分なの?ナトリウムが入っているのはどうして?
豆腐の表記を見ると「ナトリウム」と書いていることがあります。これは、食塩を使っているということなのでしょうか?それとも、にがりの成分なのでしょうか?
豆腐の水切りが電子レンジで短くできる!
豆腐にはたくさんの水分が含まれているため、水切りをするとかさが3分の1以上減ってしまうこともあります。水切りをしっかり行う時間をつくれない時はこんな方法を試してみましょう。
離乳食の豆腐はいつまで湯通しをすればいいの?
離乳食では色々なものを与えたい。豆腐もよい選択肢ですが、安全のために湯通しをする必要があります。いつまで行えばいいのでしょうか?
赤ちゃんや花粉症の人は豆腐のアレルギー症状に気を付けて
栄養もあり、食べやすいことから、豆腐は赤ちゃんの離乳食に最適です。しかし、豆腐でアレルギーを発生することもあるようです
当サイトについて

豆腐はいつから離乳食に使っていいの?気になるのはアレルギー


当サイトでは「豆腐」についての情報をまとめています。様々な豆腐の健康効果や作り方、美味しい食べ方などなど、豆腐に関することならかなり充実しています。

<スポンサーリンク>

当サイトについて

サイト内カテゴリ


 
トップページ