豆腐の作り方・食べる上での注意点

豆腐の作り方や食べる上での注意点

豆腐の作り方や、食べる上での注意点に関する情報をまとめているカテゴリです。

豆腐の作り方・食べる上での注意点記事一覧

前回の【豆腐の原料の製造工程】の続きで、豆腐の作り方を紹介させて頂いています。今回は豆乳からどうプルプル柔らかい豆腐が作れるのかの紹介ですね。木綿豆腐・絹ごし豆腐・充填豆腐では微妙に作り方が違うのでその部分にも触れてお話したいと思います。豆乳に凝固剤を入れる大豆から豆乳を作ることができたら、今度はその豆乳に凝固剤(にがり)を入れて固めていきます。ここまでは木綿豆腐も絹ごし豆腐も充填豆腐も同じです。...

当サイトでは豆腐の栄養や料理への活用方法など豆腐の魅力をお伝えすることに力を入れていますが、今回はその豆腐の「原料」はどうやって作られているのか、その製造工程について紹介しています。豆腐の原料ができるまで/製造工程を知ろうまず豆腐の原料というのは豆乳です。豆乳に凝固剤を加えて固めたものが私たちに馴染みの深い豆腐となります。以下にその豆腐の原料である豆乳ができるまでの流れを各工程ごとに解説していきま...

豆腐を料理などに活用する場合は、水分を飛ばして調理しやすくするのが一般的です。今回は豆腐の水分の飛ばし方について紹介したいと思います。水分の飛ばし方豆腐の水分を飛ばすことを「豆腐を水切りする」といいます。水切りする方法はいくつかあります。電子レンジを使う方法ですが最も簡単で早いのは電子レンジを使う方法ですね。キッチンペーパーで豆腐をつつんだのち、レンジでチンすればいいのです。時間に関しては豆腐の大...

市販のにがりと豆乳を使った豆腐の作り方のポイントを紹介しています。作り方をわかりやすく紹介してくれている動画もご紹介!市販品でも作れる!結論からいえば市販の豆乳とにがりからでも豆腐をつくることができます。ただ豆腐とにがりを選ぶ際の注意点がありますので以下を参考にしてください。豆乳とにがり選びに関する注意飲料用の豆乳や調整豆乳では豆腐はできないので注意。成分無調整で大豆固形分12%以上の豆乳を使うこ...

硫酸カルシウム(CaSO4 )は豆腐を作る場合に主に利用される凝固剤の1つですね。今回は硫酸カルシウムの特徴や濃度、分量に関するお話です。硫酸カルシウムの凝固反応硫酸カルシウムを豆乳に混ぜたら、一部が溶けたカルシウムがたんぱく質と接触した時点で凝固反応が始まります。ただ塩化マグネシウム(にがり)よりは凝固反応が遅いので、豆乳に均一に混ざりやすく安定して固めることができます。また中華めんの食感や風味...

豆腐の凝固剤として用いるグルコノデルタラクトンの特徴を紹介しています。にがりとの違いなどに触れながら解説していきます。グルコノデルタラクトンの特徴グルコノデルタラクトンはでん粉を原料として発酵法で作られた凝固剤です。水に溶けやすくて凝固反応が遅いのが特徴です。そのため均一に安定的に固めることができ、絹ごし豆腐のような滑らかな豆腐を作るのに向いています。固まる理由グルコノデルタラクトンは水に溶けると...

豆腐の凝固剤の種類を紹介しています。豆乳を固めて豆腐を作る役割を持つ「凝固剤」ですが、その凝固剤にはどのような種類があるのでしょうか。豆腐の凝固剤の種類現在使われている凝固剤は主に6種類のようです。凝固剤に使われている成分硫酸カルシウム☆塩化マグネシウム(にがり)☆グルコノデルタラクトン☆塩化カルシウム硫酸マグネシウム粗製海水塩化マグネシウム(塩化マグネシウム含有物)☆【ソース:日本豆腐協会〜凝固...

豆腐を作るのに欠かせないにがり(凝固剤)ですが、どのくらいの量を入れればいいのか悩まれる人も多いようです。にがりの役割豆乳に含まれるたんぱく質とにがりの成分が反応することで、固まったものが豆腐になります。豆腐を作る上でにがりのような凝固剤は必要不可欠になります。(凝固剤にはにがりではなくグルコノラクトン を使っている豆腐もたくさんあります。)豆腐を作る為のにがりの最適な量厳密な量というのは難しいで...

豆腐の表記を見ると「ナトリウム」と書いていることがあります。これは、食塩を使っているということなのでしょうか?それとも、にがりの成分なのでしょうか?にがりの成分は塩化マグネシウム豆腐というものに対して乱暴な説明をするならば、豆乳をにがりで固めたものです。つまり、豆乳とにがり以外は入っていません。では、にがりの成分は何かというと塩化マグネシウムや塩化カルシウムが使われています。食塩の成分は塩化ナトリ...

豆腐にはたくさんの水分が含まれているため、水切りをするとかさが3分の1以上減ってしまうこともあります。水切りをしっかり行う時間をつくれない時はこんな方法を試してみましょう。電子レンジで豆腐を水切りまず、水切りの時間を減らすためにはキッチンペーパーが必要です。水は乾いたところへ浸透していくので、表面の水気だけでなく豆腐の中の水分も吸ってくれます。さらに、水分が出やすくするためにまな板やお皿の重視を載...

離乳食では色々なものを与えたい。豆腐もよい選択肢ですが、安全のために湯通しをする必要があります。いつまで行えばいいのでしょうか?豆腐を離乳食に使うための方法離乳食における豆腐は貴重なタンパク源でありながら、柔らかく、加工も簡単。特に赤ちゃんの食べやすさを考えるなら木綿豆腐より絹ごし豆腐がおすすめです。豆腐を離乳食で使うときは、殺菌のために湯通しすることが大切です。湯通しは、お湯に入れて60〜90秒...

豆腐は栄養価が高い反面アレルギーも出やすい食べ物です、デリケートな赤ちゃんにはいつから食べさせて良いのでしょうか?食べるだけなら離乳食初期からでも大丈夫です豆腐は柔らかく、赤ちゃんにとって有害な物質も入っているわけではありません。そのため、離乳食初期から豆腐は食べさせてもOKです。豆腐を食べさせるときは、殺菌をすることが望まれるのでお湯で1〜1分半の湯通し、または電子レンジでの30〜60秒の過熱が...

栄養もあり、食べやすいことから、豆腐は赤ちゃんの離乳食に最適です。しかし、豆腐でアレルギーを発生することもあるようです。意外に侮れない大豆アレルギー私たちの生活には調味料のレベルから大豆は重要な役割を持っています。しかし、大豆アレルギーは卵に次いで多く、離乳食選びの問題となっています。大豆アレルギーである以上はそのままの大豆はもちろん、豆乳、おから、枝豆でもアレルギーの危険があります。しかし、加工...

page top