充填豆腐の賞味期限切れについて

充填豆腐の賞味期限切れについて

充填豆腐が賞味期限切れしてしまった場合、食べても問題ないのでしょうか。食べようと思っていた充填豆腐の賞味期限が1週間〜2週間も過ぎてしまった!という人は参考にしてください。

 

充填豆腐の消費期限・賞味期限が長い理由

充填豆腐の消費期限・賞味期限が長い理由はその製造方法にあります。細かいことは【充填豆腐とは?】の記事にて解説していますのでそちらを参考に。
ようは充填豆腐というのは製造過程において密封した後に十分な加熱処理を行うため、パック内の菌数がほぼゼロになり、日がたっても圧倒的に傷みにくいようになっているのです。だから1週間や2週間程度、程度冷蔵庫で放置していても平気で食べれたりするんですね。

 

賞味期限切れの充填豆腐

賞味期限はあくまで美味しく食べられる期間ですので、少しくらい過ぎたとしても問題はないでしょう。ただ念の為臭いや味を確認し異変がないかチェックしておきましょう。腐っていると以下のような特徴が見られます。

 

腐った豆腐の見分け方

  • 酸っぱい臭いがしている
  • パックが膨張する
  • 色が黄色くなっている
  • 糸をひいている
  • 表面がねばついている

 

消費期限切れの充填豆腐

いくら充填豆腐が日持ちするかといってもパックに表示されている消費期限が過ぎたら食べないことをおすすめします。消費期限というのは食べても安全性に問題がない期間を製造元が明記したものであり、それを過ぎたら安全性が保証されません。

<スポンサーリンク>

関連ページ

充填豆腐とは
本章は充填豆腐に関する情報をまとめているカテゴリです。まずは充填豆腐とは何なのか?ということを特徴をあげて紹介させて頂きたいと思います。
充填豆腐の栄養
前回【充填豆腐の特徴とは?】で充填豆腐とは何たるか?その特徴について紹介させて頂きました。今回は充填豆腐の栄養面についてのお話です。絹ごしや木綿と比べて栄養面でのデメリットはあるのでしょうか。
充填豆腐のカロリー
充填豆腐のカロリーは何カロリーですか?
充填豆腐の水切り
充填豆腐の水切り方法に関するアドバイスです。料理に充填豆腐を活用したいという場合などに参考にしてください。
当サイトについて

充填豆腐の賞味期限切れについて


当サイトでは「豆腐」についての情報をまとめています。様々な豆腐の健康効果や作り方、美味しい食べ方などなど、豆腐に関することならかなり充実しています。

<スポンサーリンク>

当サイトについて

サイト内カテゴリ


 
トップページ