充填豆腐の栄養

充填豆腐の栄養

前回【充填豆腐の特徴とは?】で充填豆腐とは何たるか?その特徴について紹介させて頂きました。今回は充填豆腐の栄養面についてのお話です。絹ごしや木綿と比べて栄養面でのデメリットはあるのでしょうか。

 

他の豆腐との栄養の違い

充填豆腐は保存性がいいし安いという、木綿豆腐や絹ごし豆腐にはない魅力がある豆腐です。しかし栄養面においては木綿豆腐や絹ごし豆腐とは劣ってしまうというデメリットがあります。例えば豆腐に共通して含まれているカルシウムに関してはその違いが顕著になっています。

 

100gあたりのカルシウム含有量

  • 木綿豆腐:120g
  • 絹ごし豆腐:43g
  • 充填豆腐:28g

【参考文献:日本食品標準成分表

 

こんな感じで木綿豆腐と絹ごし豆腐の間にもかなりの差がありますが、その絹ごし豆腐にさえ栄養面で大きく開きをつけられているのです。

 

まあ他にもビタミンB1 のように充填豆腐のほうが勝っている栄養素もあるにはあるんですが、あらゆる栄養項目で劣っているのは確かです。

 

理由としてははっきりとしたことは自信をもって言えませんが

 

  • 加熱処理により栄養素が壊れる
  • 使用している大豆の量が圧倒的に少ない

 

こういったことが主な原因なのではないかと思います。

<スポンサーリンク>

関連ページ

充填豆腐とは
本章は充填豆腐に関する情報をまとめているカテゴリです。まずは充填豆腐とは何なのか?ということを特徴をあげて紹介させて頂きたいと思います。
充填豆腐のカロリー
充填豆腐のカロリーは何カロリーですか?
充填豆腐の賞味期限切れについて
充填豆腐が賞味期限切れしてしまった場合、食べても問題ないのでしょうか。食べようと思っていた充填豆腐の賞味期限が1週間〜2週間も過ぎてしまった!という人は参考にしてください。
充填豆腐の水切り
充填豆腐の水切り方法に関するアドバイスです。料理に充填豆腐を活用したいという場合などに参考にしてください。
当サイトについて

充填豆腐の栄養


当サイトでは「豆腐」についての情報をまとめています。様々な豆腐の健康効果や作り方、美味しい食べ方などなど、豆腐に関することならかなり充実しています。

<スポンサーリンク>

当サイトについて

サイト内カテゴリ


 
トップページ