絹ごし豆腐の栄養

絹ごし豆腐の栄養

絹ごし豆腐の栄養効果を紹介しています。

 

絹ごし豆腐の栄養について

絹のようになめらかで柔らかな食感から絹ごしと名付けられています。その特徴からサラダや冷ややっこなどのあっさり料理に使われる傾向にありますね。絹ごし豆腐は低カロリーでありながらたんぱく質や脂質が豊富です。また美容にもいい大豆イソフラボンも豊富に含まれています。

 

高コレステロールを予防できる

高コレステロールというのは動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞といった生活習慣病の原因です。絹こし豆腐に豊富に含まれているリノール酸はコレステロール値を下げる効果があります。

 

 

絹ごし豆腐は木綿豆腐より栄養価が低い?

ただ同じ豆腐でも絹ごし豆腐は木綿豆腐に栄養面におけるあらゆる項目で劣ります。

 

木綿豆腐というのは木綿の布を敷いた容器に豆乳と凝固剤(にがり)を混ぜあわせて一度固めて崩したものを入れて、それに重しをのせて適度に水分を抜いて作ったものです。

 

それに対して絹ごし豆腐というのは豆乳と凝固剤を混ぜたものを容器に入れて固めるだけで、重しで圧縮はしません。

 

なので木綿豆腐のほうは重しで圧縮して水分を抜く分、栄養が凝縮されるわけですね。なので絹ごし豆腐は水分が多い分、滑らかで柔らかな食感が魅力ですが、栄養価という面でみればどうしても木綿には劣ってしまうのです。

<スポンサーリンク>
page top