豆腐は血糖値を下げるか

豆腐は血糖値を下げるか

慢性的な高血糖というのは肥満や糖尿病の原因になります。血糖値を下げるのに「食事療法」は最も一般的な方法ですが、果たして豆腐には血糖値を下げる効果はあるのでしょうか。

 

 

イソフラボンの耐糖能改善効果への期待

豆腐のような大豆食品に含まれているイソフラボンには耐糖能※を改善する効果があるともいわれています。

 

血糖値を正常に保つためのブドウ糖代謝能力のこと

 

慢性的な高血糖は血糖値を調節する役割を持つインスリンの働きが低下したり、分泌が不足してしまうことから起こります。

 

そのため食事療法ではそのインスリンの分泌量を増やしたり、機能を高めることができる食べ物を食べることが推奨されるのです。

 

そしてその食べ物の1つに豆腐のような大豆食品に期待が寄せられているというわけですね。(下記ソース参考)

 

大豆製品・イソフラボンの摂取で2型糖尿病のリスクが低下

 

ただネックなのが豆腐になると大豆と違って食物繊維がほとんどとれなくなるということですね。食物繊維というのは小腸での糖質の消化速度を送らせる作用があるので糖の吸収が穏やかになり、急激な血糖値の上昇を防止できるのです。(つまり急激な血糖値の低下も防止できる)

<スポンサーリンク>
page top