豆腐の健康効果

豆腐の健康効果に関する情報をまとめているカテゴリです。

豆腐の健康効果記事一覧

健康に良いといわれる豆腐の健康効果をまとめています。日本では日常的に当たり前のようにある食品として食べられているものですがその効果を知ることで見方が変わるかもしれません。生活習慣病の予防豆腐に含まれているサポニンには癌や動脈硬化、糖尿病といった生活習慣病を抑制する効果があると期待されているようです。たんぱく質を補給できる人間の体の20%を構成しているものですので非常に大切な栄養素です。豆腐にも豊富...

豆腐の美容・美肌効果について情報をまとめています。イソフラボンが肌にいい豆腐のような大豆食品にはイソフラボンが含まれています。イソフラボンというのはポリフェノールの一種で大豆胚芽に濃縮されている栄養素です。肌ケア商品の成分としても利用されるほどで肌には良い影響を与えるそうです。なんでも肌のコラーゲンの生成を助ける作用があるのだとか。無駄毛の抑制にもイソフラボンというのは女性ホルモン「エストロゲン」...

今回はオリーブオイルと豆腐の組み合わせのメリットと、オリーブオイルの便秘解消効果について紹介しています。オリーブオイルは食事療法において注目される食品の1つでもありますよね。普通の油よりもヘルシーで健康にも良いということで積極的に料理に利用しようという人も増えています。豆腐とオリーブオイルは相性抜群そしてオリーブオイルと豆腐の相性はとても良いです。実際オリーブオイルをドレッシングにして豆腐にかける...

豆腐とコレステロールの関係について解説しています。豆腐はコレステロールを下げるの?豆腐の食べ過ぎがコレステロールに与える影響などなど。豆腐に含まれているリノール酸豆腐に豊富に含まれているリノール酸はコレステロール値を下げる効果があります。高コレステロールというのは動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞といった生活習慣病の原因になりますので予防・改善すべき状態です。低脂質!また豆腐には3.3g/100gの脂質が...

豆腐に関してよく上げられる質問として「豆腐って痩せるの?」というものがありますね。確かに豆腐はダイエット中に食べるものとして検討される食べ物の1つですが、豆腐を食べると痩せるというのはどういった理由からなのでしょうか。調べた結果をまとめています。ダイエット食品に豆腐が選ばれる理由ダイエット食品として豆腐が選ばれる理由には以下のところが大きいと思います。安価栄養価が高い低カロリーダイエット中はカロリ...

慢性的な高血糖というのは肥満や糖尿病の原因になります。血糖値を下げるのに「食事療法」は最も一般的な方法ですが、果たして豆腐には血糖値を下げる効果はあるのでしょうか。イソフラボンの耐糖能改善効果への期待豆腐のような大豆食品に含まれているイソフラボンには耐糖能※を改善する効果があるともいわれています。血糖値を正常に保つためのブドウ糖代謝能力のこと慢性的な高血糖は血糖値を調節する役割を持つインスリンの働...

豆腐に関する心配ごととしてよく言われることの1つとして「豆腐は食べ過ぎると下痢になる?」というものですね。下痢になるのは本当か?豆腐を食べ過ぎると下痢になるというのは根っからの都市伝説でもないようです。豆腐の成分には豆腐を凝固させるために使う凝固剤「にがり」が用いられています。このにがりの主成分というのは塩化マグネシウムです。これは下剤として用いられる成分でもあるので、大量に摂取したら消化管内の水...

豆腐の食べ過ぎは太るのか?という疑問に思う声が意外と多いみたいですね。今回は豆腐は太るのかどうか個人的見解を紹介しています。豆腐を食べ過ぎれば太るのかおそらく豆腐には3g程度の脂質が含まれているので食べ過ぎは太るのでは?という疑問が生まれてくるのだと思います。ですが豆腐に含まれている脂質は肉や魚のような動物性のものではないので、コレステロールがありません。なのでよほど常識外れな量出ない限りは太ると...

どんな食べ物であっても食べ過ぎはよくありません。豆腐に関しても例外ではないようです。ただそれが単純に栄養が偏るからという理由ならいいですが、「腎臓結石症になる可能性がある」というよからぬ噂もあります。腎臓結石とは腎臓結石というのは腎臓内にできた結石のことをいいます。腎臓というのは尿管に通じている器官です。この腎臓でできた結石が尿管にまで流れてしまうものを尿管結石といい、尿管から出る際には激痛が伴う...

健康的で低カロリーな食材として知られている豆腐は質の良いタンパク源であるほか、美容効果も期待されています。しかも、豆腐は便秘改善にも役立つそうです。腸に刺激を与える不溶性食物繊維そもそも、便秘が起きてしまうのは腸の中で便が停滞してしまうからです。この状態では便の水分が奪われていきカチカチになっていきます。しかも、力んでも出ないことが続くと排便の機能が落ちてきます。そこで大切なのが食物繊維。豆腐には...

カロリーが低く健康的と言われる豆腐は、タンパク質補給を考えた時有効な選択肢となるのか、そのメリットや注意点を紹介します。豆腐のたんぱく質は肉類の3分の1くらい豆腐のたんぱく質は1丁で15〜20g程度です。これは決して少ない量ではありませんが、肉類に比べると見劣りします。たとえば牛肉や豚肉であれば100gのたんぱく質と同じくらいです。なぜ、このような差が出るのかというと、豆腐の主成分が水分であること...

豆腐は消化に良い食べ物なので、胃に負担をかけたくない時に食べることがおすすめです。しかし、消化の悪い食べ物にちゃんとメリットがあるので他の大豆製品も摂るともっとよいでしょう。消化の良い食べ物は体にやさしく疲れないお腹を下した時や体調が悪い時におかゆや果物を食べるのは、栄養だけでなく消化の良さも考えられているからです。消化の良い食べ物は胃の中で30分から2時間で消化されます。通常の消化活動は3〜5時...

page top